バンクーバー エンタメ情報サイト http://www.loopp.com スタートページに設定!
logo Vancouver, Kamei Royale Vancouver, Laser Hair Removal, Spa, EVROPA Toronto, Ebisu on Queen Misako's Hair Studio
BBS used canadainfo entertain
Loopp内検索
Canada info
カナダ、バンクーバーの生活情報満載!
home > Canadainfo >Come to Canada
title

INDEX
緊急時連絡先
基本情報
出国準備
ビザ&移民
生活
  ・各種手続き
  ・豆知識1
  ・豆知識2
  ・医療と安全
交通機関
  ・市内
  ・長距離
住居
ファイナンス
スクール&ボランティア
  ・学校
  ・エージェント
  ・ボランティア
ワーク
車・自転車
帰国準備&日本到着
カナダの有名人
バンクーバーの観光地
アクティビティ
マリン/ウィンタースポーツ
結婚
妊娠&出産
コミュニティ
  ・日系
  ・ゲイ
出国準備 Come to Canada

arrowまずは出国準備

意外と簡単なビザの申請!
ビザとは査証のことでカナダ入国の際に必要とされ、通常カナダ国外のビザオフィスで申請します。
カナダ国内で滞在するためには、通常国際空港、国境、国内の移民局で目的によってさらに許可証(permit)を申請が必要です。例えばカナダで勉強するという目的で、就学許可証を申請します。本文中では、分かりやすいように許可証のことを俗称であるビザとしているところもあるので注意!

ビザ&移民に関してはこちら


up このページのトップに戻る

arrowお金の持ち込み方

持ち込み方法は大きく分けて3種類!
お金の持ち方には、主に現金、クレジットカード、トラベラーズ・チェック(T/C)があります。
治安面や換金レートからみて、最も有用性が高いのはT/Cでしょう。また、急な出費に備えてクレジット・カードがあれば便利です。 最近では海外のATMで日本の口座から直接引き出すことができるインターナショナル・カードを発行している銀行もあります。

・現金
空港からタクシーやバスに乗るのも電話をかけるのも現金で支払うため、現金は到着後すぐに必要になります。前もって現地通貨に換えた上で大金にならない程度に用意をしておきましょう。現金は便利だが盗られたり無くしたらそれまでなので、必要最低限度の現金を持ち歩くようにします。現地の通貨に換えるときは小さい額面で準備することを忘れずに。

・クレジットカード
海外での必需品として忘れてはいけない、クレジットカード。
日本でも現金の代わりにカードで買い物をする習慣が浸透しましたが、海外では、身分証明にもなり重要な役割を持っています。カードは申し込み時の審査基準が厳しいために持っているだけで身分が保証されるので留学生がホテルを予約したり、レンタカーを借りたりするときにも役に立つはずです。

一定の所得のない学生の場合は家族カードを持つのが一般的ですが、個人名義で取得でき、留学生活のトラブルにも対応できるように利用限度額が通常のカードより多く設定されている留学生用クレジットカードも発行されています。個人差はありますが、発行までに2〜4週間ほどかかるため余裕を持って申し込みましょう。使用できる場所が多いVISAやMasterCardなどに加盟しているカードが便利です。 最近は、日本で銀行口座を開設しておけば、渡航先のキャッシュディスペンサーで現地通貨を引き出せるインターナショナルキャッシュカードが人気です。外資系銀行の他に、国内の銀行でもサービスを開始している所が増えてきたので、留学先に利用可能なキャッシュディスペンサーがあるかどうか確認し、準備するのも良いかもしれません。

・トラベラーズチェック
トラベラーズチェックとは、サインをすることによって現金と同じように使える旅行者用小切手です。渡航前に外国為替を扱う銀行や郵便局で購入して、2箇所のサイン欄の内まず一箇所にサインをして使用時に残りの個所にサインをします。トラベラーズチェックの最大の利点は、盗難・紛失にあっても再発行をしてもらえることです。その為にはチェック本体と番号控えは別にして保管しておくことが大切です。又、現地の銀行で換金することも可能です。


up このページのトップに戻る

arrow不在中の各種手続き

お役所関係の手続きも忘れずに!
渡航前は暮らしまわりの手続きで役所や郵便局などに出向くことが多くなりますが、面倒くさがらずにきちんとやっておきましょう!

・国外転出届
1年以上海外に滞在する場合は、居住地の役所に「国外転出届」を提出しなければなりません。出発の1週間前ほど前を目安にすれば良いだろう。滞在先が決まっていなくても、国名と州名を記入すれば問題ない。また印鑑登録の廃止や国民健康保険の有効期限の変更、国民年金の資格抹消などの手続きも可能です。

・国民年金
市町村役所に「住民票の転出届」を提出すると、日本に住所が無くなり「海外在住者」となります。年金は、なんらかの公的年金に25年以上加入していないと、65歳になっても老齢基礎年金はもちろんのこと、老齢厚生年金ももらえなくなってしまうことです。海外に転出し、国民年金に加入しない場合、いわゆる「カラ期間」になります。国民年金に加入しておきたい場合は、誰かに頼んで月々の金額を納付してもらいます。また「日本国民年金協会」を通じての手続きも可能です。加入しなくても「カラ期間」は保険料の滞納扱いにはなりません。このカラ期間は、老齢年金を受給できるかどうかの25年をみるときにはカウントされるが、実際の年金額の計算のときには算入されないので将来もらえる金額は減ってしまいます。様々な特例制度や免除規定もあるようです。詳しいことは、各市区町村の窓口及び社会保険事務所まで。

・住民税
住民税は日本国内の市町村にその年の1月1日現在、住所がある場合に前年の所得に応じて課税されます。
転出届を出し、来年の1月1日に日本国内に住所がない場合は、その年分の住民税はかかりません。
今年分の住民税で納付が済んでいない分については納付しならず、転出届を出さない場合にも、留学中でも前年所得に応じて住民税がかかります。

・公共料金の手続き
電気、ガス、水道、電話、NHKの受信料などの休止手続きは忘れずに。ほとんどは1カ月前から受け付けてくれます。また郵便物についてですが不在届を郵便局に出しておきましょう。転居届用紙に郵便物を届けておいてもらいたい住所(自宅など)を書いて送れば、1年間はその新住所宛てに届けてくれます。各手続きに関する詳細は、住民票のある市区町村の役所、所轄の税務署、最寄りの郵便局、勤務先、ハローワークなどに問い合わせを。


up このページのトップに戻る

arrow日本で国際運転免許証を取得する

海外でも運転がしたい!
国際免許証とは、日本が加盟しているジュネーブ条約に基づいて各都道府県の公安委員会が発行するもので、条約の加盟国がそれぞれの国で発行された国際免許証を認め合うものです。日本の運転免許証は、基本的に日本国内でのみ運転することができます。カナダを含めた海外で自動車を運転するためには、国際免許証を取得する必要があります。

有効期間 1年間
所得方法 国際免許証の申請を受け付ける窓口は、各都道府県警察署の運転免許課や運転免許センター、運転免許試験場等です。
日本の運転免許を最寄りの都道府県運転免許センターにて申請しますと即日発行され、警察署で発行を受けると発行に2週間程かかる場合があります。
必要提出物 1.国内免許証
2.写真1枚(5cm×4cm)
3.パスポート
4.手数料(2,700円)
有効期間は発行日から起算して1年間です。またIDとして使えるので、日本の免許証だけで運転できる地域でも国際免許証をお持ちになることをお勧めします。


up このページのトップに戻る

arrowパスポートの申請
住民票を登録している都道府県の旅券課で申請します。

-申請に必要なもの-
申請書
(都道府県の旅券課で入手可
5年用と10年用では申請書類がわかれているので注意が必要です。
戸籍抄 (謄) 本 6ヶ月以内に発行されたもの。
住民票の写し 6ヶ月以内に発行されたもので,本籍が記載されているもの。
官製はがき 6ヶ月以内に撮影したもの。スナップ写真不可。
身分証明書 旅券や運転免許証など、官公庁発行による顔写真つきのものであればひとつでOK。 健康保険証や年金手帳などは2つ必要です。
顔写真 4.5cm×3.5cm
過去に取得したパスポート もしあれば
手数料 5年:10000円、10年:15000円
※詳しくは、各都道府県の窓口にお問い合わせください。申請には10日程かかるので、早めに申請しましょう!


up このページのトップに戻る

arrow海外旅行保険には必ず加入しよう

健康に自信があっても忘れずに!
カナダに滞在中、病気やけがをした場合、多額の医療費がかかってしまいます。それを自己負担するのは大変!出発前に自分に合った保険に加入しておく必要があります。

・海外旅行傷害保険
現地での医療費をカバーするものを始め、盗難や紛失に適応するものまでさまざまな種類があるので、目的に合った保険に加入しましょう。最初の数ヶ月分を日本で加入し、残りの滞在期間分は現地で加入することも可能です。

・国民健康保険
海外での受診でも国民健康保険が適用されます。対象者は日本に住所を有する自営業者、留学生、観光旅行者など
※海外への転出届を提出した場合は対象となりません。

<海外医療費の支給申請手続きの流れ>
@ 受診した海外の医療機関で一旦かかった金額の全額を支払う。
A 医療機関から治療内容やかかった費用の証明書をもらう。
(診断証明書、医療費支給、申請書など)
B 帰国後、国民健康保険に加入している市町村窓口へ申請する。
C 市町村より保険給付分を払い戻される。
注) 払い戻される金額は、通常の保険診療の範囲内となるので注意が必要。
診断証明書などの書類は日本語訳が必要。
*詳しくは各市町村の窓口へ。必要に応じて海外旅行傷害保険などにも加入しよう。


up このページのトップに戻る

arrow歯の治療

虫歯には気をつけよう!
出発前には、歯の検査を受けておこう。虫歯などがある場合は、完全に治してから出国するようにしたい。歯の治療はある程度時間がかかるので、早めに診てもらうようにしよう。歯の治療は、海外旅行保険の補償の対象外となっているものが多いので、事前に確認しておく必要があります。特に海外のお菓子は日本と比べて甘く、虫歯になりやすいとも言えるので、歯の治療は必ず済ませましょう!


up このページのトップに戻る

arrowコンピュータ事情

パソコンは絶対必要!
インターネットの普及により海外生活に欠かせない存在となっているコンピュータは、日本にいる家族や友達に連絡するのにとても便利なツールです。短期留学の場合は、学校のコンピュータやインターネットカフェを利用する方法が一般的。
長期留学の場合は、日本からパソコンを持参して、留学先でプロバイダー契約をした方が、料金も安くサポートもしっかりしています。ただし、設定や契約書類は全て英語のため、英語力に自信がない人は、注意が必要です。

また、海外で利用できる日本のプロバイダーのローミングサービスを利用すれば、日本語で設定ができて安心です。しかし、料金が割高なので長時間の接続には注意。日本のADSLのような固定料金制に慣れていると、接続を切り忘れたために多額の利用料を請求されてしまうことも。日本からパソコンを持っていく場合、内蔵されているモデムが留学先の国で使えるかどうか、取扱説明書を確認しておこう。最近では世界各国で利用できるモデムカードなども販売されているので、販売店などに相談してみよう。
どちらの方法もメリット・デメリットがあり、どちらを選ぶかはあなた次第。以下の表を参考にしてみて!

日本から持ち込む 現地で購入
持ち込みの手間 × 預けてしまうと手荒な扱いにより壊れてしまうこともあるので、必ず機内持ち込みにしましょう。  現地で購入するため持ち込む手間はありません。
日本語での
サポート
 日本のサービスセンターを利用することが可能です △日本人が経営しているコンピューターショップを利用できます。
現地でのサポート ×一部のメーカでは修理サービスを行っています。 ただし英語でのサポートがほとんどです。
設定 カナダに来る前に日本で設定ができます。(日本語での情報も入手しやすい) ある程度設定はされていますが、英語の環境になっていることがほとんどなので、自分で設定をしないといけません。また、日本語での情報も手に入りにくい。
キーボード 問題なし。 英語配列のキーボードがほとんどです。ただし、日本語の入力は問題なくできます。
インターネット 日本で利用しているプロバイダがカナダにアクセスポイントがある、もしくは海外ローミングサービスを提供している場合、日本で設定をすることができます。 問題なし。


up このページのトップに戻る

© 2005-2017 www.loopp.com. All rights reserved. Reproduction in whole or in part without permission is prohibited. free coupon magazine