バンクーバー エンタメ情報サイト http://www.loopp.com スタートページに設定!
logo Vancouver, Kamei Royale Vancouver, Laser Hair Removal, Spa, EVROPA Toronto, Ebisu on Queen Misako's Hair Studio
BBS used canadainfo entertain
Loopp内検索
entertain
カナダの遊び情報はココでゲット!
home > entertain > Features >verace

service

verace

本格的なナポリピザがここバンクーバーで
―Verace Pizzeria Napoletana and Enoteca―

バンクーバーでいたるところに見かけるピザショップ。一口に言っても地域によって少しずつ異なるピザが、最初に生まれたのは1830年のナポリ。今回はそんなピザ発祥の地で修行してきたオーナーが営む新オープンのピザレストランVerace Pizzeria Napoletana and Enotecaをご紹介。


バンクーバーphoto

バンクーバーphoto

バンクーバーphoto

バンクーバーphoto

場所はちょうどガスタウンとチャイナタウンの境目、Stadiumスカイトレイン駅下、階段を下るとあるT&Tのすぐ隣りに、この6月オープンしたばかりの本格ナポリピザを提供するピッツェリア(ピザメインのレストラン)がVeraceだ。

地域性があるイタリアンピザで特に有名なのは、ナポリピザとローマピザ。
その違いは焼き方と形にあり、ナポリピザは、ふちは厚めでサクサク、中央は薄めのもっちりタイプ。ローマピザは、全体に薄くさくさくのクリスピータイプになっている。

美味しいナポリピザのための条件
その1:石釜
営業中は絶えず火が上がる存在感のある石釜。ドーム型に造られた内側は熱を逃がさずに、400℃以上の高温で、わずか90秒という短さでピザを焼き上げることで、サクサクもちもちの食感を生み出してくれる。
その2:小麦粉
Verace Pizzeriaでは、タイプ00という細かく挽かれたイタリア産小麦粉を使用。粉自身が持つ旨みと食感が引き出すため、前日から冷蔵庫でゆっくりと低温熟成醗酵をさせ、焼き上がりの香りや噛んだときに口の中で広がる味わいを最大限に引き出している。粉のほかには、塩、水、イーストのみの素朴な生地だからこそ、粉のセレクトが重要なのだ。

その3:トマト
長細くてやや小ぶりのサン・マルツァーノ種は、加熱することで甘みが増すイタリア原産のトマト。変な酸味がなく、あっさりとしたトマトの旨みを感じることが出来るポモドーロ(トマト)ソースに美味しく生まれ変わる。

その4:チーズ
ピザにはつきもののチーズ。Veraceでは、厳選したモッツァレラチーズの、特にボッカンチーノと呼ばれる水牛のミルクから作られた卵大の小さめナチュラルチーズのみを使用している。牛乳と比べると、驚くほどの柔らかさとコクの違いを、ぜひ自分の舌で味わってみてほしい。

取材時は遅めのランチタイム。味わってみなければ本場のナポリピザもこだわりもわからないと、ランチメニューからオススメのDiavolaをオーダーしてみた。トマトソースベースに、ピリ辛とポークの2種のサラミ、赤タマネギ、パプリカなどがトッピングされた人気メニューのひとつ。ランチはこれに、シーザースタイルかグリーンのサラダが選べるとのことで、グリーンをチョイス。オーナーと談笑しながら待つことわずか2分、皿からはみ出すくらいのサイズのピザとサラダがワンプレートスタイルでサーブされた。ランチピザは8インチ(約20センチ)、慌しいランチタイムにもさっと来て、さっとサーブされて、充分な満足感で午後からまた仕事や学校に戻るのにぴったりなボリュームだ。「大きい!」と思いながらまずは一口。ピザ生地のサクサクもっちりは絶妙、余分なものが入っていないトマトソースはさらりとしながら旨みが伝わってきて、トッピングの具材とのバランスは言わずもがな。添えられたオーガニックグリーンのサラダには、バルサミコ酢のドレッシングがかけられていて、この甘酸っぱさがまた新鮮な野菜との相性ばっちり! 気付くとワンプレートぺろりと完食だった。
他のランチメニューには、カルツォーネと呼ばれる、ピザ生地で具を包み、半月状の形で焼き上げたものも。

ピザには、トマトベースと、ホワイト(オイルやクリーム)ベースのものがあり、それぞれの人気を伺ったところ、全17種類の中で、トマトは定番マルガリータ、ホワイトはフンギ(キノコ)とのこと。ディナーサイズのピザは12.5インチ(30センチ強)。数人で訪れて、前菜やサラダなどと合わせ何種類かをシェアするのがオススメ。

イタリア産の食材とのマッチを考えて、同店でのワインはイタリアのもののみ。店名にEnoteca(ワインバー)を冠する同店では、白4種類、赤6種類が常に用意されていて、この10種類はすべてグラスでのサーブもOK。1人で来ても軽い食事と一緒にワインを楽しんでもらえるように、という心遣いだ。スパークリングワインとロゼもあり、気分と食事にあわせて、ペアリングをいろいろ試してみるのも、ひとつの楽しみ方だ。
デザートもすべて自家製。毎朝オーブンで作られるビスコッティはもちろん、ティラミスやレモンケーキなどもカフェメニューにあり、お食事だけでなく、ちょっとした時間にコーヒーとデザートを、という気軽な使い方もできる。
全部で70席+パティオ20席の広い店内は、木のぬくもりが感じられながらも、洗練された雰囲気。パティオにもリカーライセンスがあるので、天気がいい日は外でゆっくりワインと料理をいただくこともできる。この広さを生かしての貸切パーティやイベントも受付中とのこと。

どんなシーンにも使えるVerace Pizzeria、何度でも来たくなるお気に入りになる嬉しい予感がする場所だ。

お  得  情  報

KLIPからのお得な情報
お食事が10%offになるお得なクーポン掲載!(Specialには併用不可)
KLIP9月号を要チェック!

Bookmark and Share

オーナーからの一言
9月からは季節メニューとしてラザニアをスタート、毎月お得なSpecialや、通常メニューにはないFeaturesメニューも用意しています。Facebook、Twitterで随時発表していきますので、楽しみにしてください。

【住所】 189 Keefer Place, Vancouver (Stadium駅すぐ、T&Tスーパーマーケット隣)マップ
【TEL】604-669-5552
【営業時間】 11:30AM-10:00PM
【URL】 www.veracepizzeria.com/


バンクーバーphoto

© 2005-2017 www.loopp.com. All rights reserved. Reproduction in whole or in part without permission is prohibited. free coupon magazine