バンクーバー エンタメ情報サイト http://www.loopp.com スタートページに設定!
logo Vancouver, Kamei Royale Vancouver, Laser Hair Removal, Spa, EVROPA Toronto, Ebisu on Queen Misako's Hair Studio
BBS used canadainfo entertain
Loopp内検索
entertain
カナダの遊び情報はココでゲット!
Home > Entertain > Features > Sushi Q Tea Cafe

service
Sushi Q Tea

心とお腹を満たしてくれる、究極のアットホームレストラン

@ Sushi Q Tea Cafe

 
 
 
 
 

KLIP愛読者たちの中で家族と離れて暮らしている方はどれくらいいるだろうか?私自身、まだ10代の頃にカナダに来てもう9年近く家族と離れて暮らしている。そんな中でやはり一番に恋しくなるのが母親の手料理である。温かい家に帰ればいつも作りたての手料理が用意されていて、どんなに疲れているときでもストレスを一瞬にして吹き飛ばしてくれた。家族の暖かさの中で心のこもった手料理を食する感覚はなかなか海外では味わえない、と思っていた。しかし、今回KLIP取材班が訪れたSushi Q Tea Cafeでそれを体験することができた。

開店までの道のり

Canada WayとEdmonds Streetに位置するSushi Q Tea Cafeは2006年8月1日にオープンしてから今年で6年目を迎える小さな日本食レストラン。ドアを開けると同時にオーナーVivienさんの元気な「いらっしゃいませ」の声とかわいい笑顔が私たちを出迎えてくれた。Vivienさんは20代の頃に、家族で台湾からバンクーバーへ移民をしてきた。学校で会計の勉強をしながら、Coquitlamにあった不二家日本食レストランとすし屋で働き、日本料理の知識を得たという。日本食屋で働いた長年の経験を経てVivienさんが得たものは、寿司の作り方だけではなく、日本人のおもてなしの心、そしてお客様一人一人を大切にする真心だった。彼女の明るい笑顔と、細かい場面で見られる丁寧なお辞儀を見れば、それが目に見えて分かった。Vivienさんは日本語も独学で勉強をし、日常会話レベルの日本語を話せる。

しばらくの間日本食屋で働いていたVivienさんが自分の店を出すきっかけとなったのが、新しい命を授かった時だった。「妊娠が分かり、娘を落ち着いた、安定した場所で育てられる環境が欲しかった」と彼女は語ってくれた。こうして現在のSushi Q Tea Cafeのオープンを決意したのだ。

日頃の疲れをSushi Q Tea Cafeで吹き飛ばそう

多くの人たちが癒しを求めているこの時代、Vivienさんにとって一番の願望は、お客様がリラックスしながら、暖かい気持ちでおいしい料理を食べられる空間を作りあげることだった。店内の大きな窓の横には、ふかふかなソファーが置かれ、日本語や中国語の漫画や雑誌が本棚を飾り、奥には無料インターネットコーナーも設けられている。大人数で来られる学生さんたちにはカードゲームやボードゲームなども自由に使えるように置いてあり、まさにみんなでリラックスできる娯楽レストランなのだ。そして何かあればいつも笑顔で応えてくれるVivienさんを見ると、初めて行ったとは思えない安心感が沸いてくる。

Vivienさんの「食」へのこだわり

台湾で生まれ育ち、バンクーバーの日本食屋で得た料理の経験がVivienさんの食への強いこだわりを生み、それがSushi Q Tea Cafeのメニューにも表現されている。まず日本人として最初に目に入ってきたのが、バンクーバーではめったに目にすることができない、「おにぎり」だ。種類は3つあり、日本では馴染み深い焼き鮭と昆布、そしてVivienさんオリジナルの味、カリフォルニアがある。日本のソウルフードと言っても過言ではないおにぎりが、まさかバンクーバーのレストランで目にすることができるとは思ってもみない経験だった。さらに驚いたのが、こちらもまた日本ではどこのコンビニでも買えるポテトサラダサンドイッチの存在だ。おにぎりに日本風サンドイッチ。一瞬自分がどこにいるのかを忘れさせるメニューばかりだ。さらに忘れてはいけないのが、豊富な寿司メニューと丼ぶりメニューだ。新鮮なまぐろやサーモンの握りから、鉄火丼や鰻丼まで純日本の味が揃っている。そして全てのメニューが一つ一つ美しくお皿に盛られ、そのプレゼンテーションの繊細さも、Vivienさんが日本食屋で学んだ日本の文化そのものなのだ。

Vivienさんのこだわり日本食メニューと共にメニューを飾るのが、伝統的な台湾料理。そのうちの一つが、彼女が6時間かけて作るという牛肉スープ麺(Taiwanese Beef Noodle Soup)。8種類以上ものスパイスが利いている自家製スープに、柔らかい牛肉とパクチーが添えられた素朴さの中に深みのある一品。そして台湾料理には欠かせないのが、バンクーバーでも大人気のタピオカドリンクだ。Sushi Q Tea Cafeでは50種類以上のタピオカドリンクがあり、日本食とタピオカ!?と思うだろうが、これが実は絶妙の相性で人気なのだ。

そしてVivienさんの食へのこだわりは、使う材料にも現れている。料理に使用する野菜は全てオーガニックで新鮮そのもの。彼女は、「自分で食べたくないものは、お客様には出せない。少し高くても身体にやさしいもののほうがいいでしょ?」と誇らしげに話してくれた。

Vivienさんが作り上げる、究極のリラックス空間では、心もお腹も満たされること間違いない。そして運がよければ、彼女の5歳になるかわいい娘さんにも癒されることができるかも?


Bookmark and Share

Sushi Q Tea Cafe
【住所】7255 Canada Way, Burnaby   マップ
【TEL】 604-525-5678
【営業時間】
Tue-Sat 11am-10pm
Sun, Mon & Holidays 11am-8pm

© 2005-2017 www.loopp.com. All rights reserved. Reproduction in whole or in part without permission is prohibited. free coupon magazine